menu

ラブホテルへ行こう!

ホテルの入り口

自宅に行けない場合は

もし愛する人がいるという場合、普段どんなところへデートに出かけますか?
外の世界にはいろんなデートスポットがあるので、あなたも彼氏や彼女といろんな場所でデートすることが多いと思います。
好きな人と一緒にデートをするとなると、どんなところへ行っても楽しいひとときを過ごすことができるでしょう。

またデートをする際に、昼間だけではなく夜も一緒に好きな人と過ごすことがよくあると思います。
昼間に外でガッツリデートをしたあとは、やっぱり体を休めたくなりますよね。
その際にはお互いの家に行くことになる場合もあると思いますが、お互いが実家暮らしな場合はどうしても行く機会を作ることができないと思います。

そこで選べる選択肢というのが、ずばりラブホテルなわけです。
ラブホテルは一昔前から世の中のいたるところにあります。
基本的にはラブホテル街と呼ばれるところにたくさん集まっていることが多いので、ラブホテル街へ足を運べばさまざまなラブホテルを見かけることになるでしょう。

しかし、まだ一度もラブホテルを使ったことがないという人も必ずいると思います。
そこで当サイトでは、ラブホテルについてまったくなにも知らないという人のためにさまざまな知識を話していきます。


できれば事前に買い物を

まずラブホテルというのは、いわゆる一般的なホテルとは似ているようでさまざまな違いがあります。
つまり普通のホテルと仕様が異なるので、きちんとどんなホテルなのか理解してもらいたいと思います。

一番大きく違うポイントといったら、ラブホテルの種類や利用の仕方によって外出ができなくなるということです。
だから場合によっては一度入ると、精算するまで部屋から一歩も出られなくなります。
もし長時間ラブホテルを利用しようと思っている場合は、できるだけ事前にコンビニなどで買い物をしておいた方がいいでしょう。

なおラブホテルには、部屋の中にある冷蔵庫にペットボトルや缶ビールなどが置かれているケースもあります。
またカップ麺もその中にあったりするので、一応飲み物や食べ物の確保はしなくても大丈夫だったりします。
ただし、ラブホテルで飲み物や食べ物を利用する場合かなり高くついてしまう可能性があります。
例えばお茶のペットボトルが1本500円になっていたり、普通のカップ麺でも1つ500円など、とにかくどれも高額設定になっています。
だから少しでも節約したいという場合は、やはり事前に買い物をしておいた方が間違いなくお金は浮くでしょう。

料金設定には注意する

ラブホテルというのは、基本的に料金システムや料金の設定にいろんな特徴があります。
そのため初心者の人は、お金に関することもしっかり理解しておく必要があるでしょう。

まずほとんどのラブホテルに共通していえることは、2人分の利用料金になっているということです。
例えば3時間で5000円と書かれている場合、ひとりにつき5000円発生するわけではなく2人合わせて5000円発生するということになります。
だから表示金額の2倍かかるということはありません。
その点についてはまったく心配しなくて大丈夫です。

しかし、ラブホテルというのは全体的に見ると基本的には高くなっているといってもいいでしょう。
例えばあなたがもし大学生だったら、思わぬ出費で驚くことになることも出てくると思います。
たまにホームページに書かれている利用料金とはすこしズレていることもありますし、
また土日祝や金曜日の夜などは利用料金が微妙に変化することもあります。
そのため利用料金については多くの人が勘違いしやすいので、遊ぶ前にはできるだけきちんといくらかかるのかを調べるようにした方がいいでしょう。

人気情報一覧

高い階の部屋

「デートの際には素敵なラブホテルで最高のひとときを」の人気情報一覧です。

read more »

色々楽しみましょう

いろんなラブホテルが東久留米にありますが、ラブホテルにはとても便利に使えるサービスがたくさんあります。その中でも特に定番かつ使いやすいサービスについて紹介していきたいと思いますのでぜひ見てみてください。

コンドームと電マ

どのラブホテルにも、セックスのときに使えるコンドームや電気マッサージ機があります。どちらもほぼ必ずといっていいほど用意されているはずなので、セックスの際には絶対に使ってほしいと思います。

音を気にしなくていい

ラブホテルが他の一般的なホテルと大きく違うところは、ずばり防音に関する仕様です。実はたくさんあるホテルの中でも、ラブホテルだけしっかりと防音対策が施されています。つまりセックスを堂々と繰り広げることができるわけです。